ドラムセットは、大小様々なドラムやシンバル等の打楽器を一人の奏者が演奏可能な配置にまとめたものです。通常、ドラムスローンと呼ばれる椅子に腰掛けて演奏します。主にジャズやロック、ポップスで使用される楽器です。

別の呼び方としてドラムキット、ドラムス、単にドラムとも呼ばれます。略称は「Dr.」「Ds.」または「Drums.」です。

一般的なドラムセット

次の写真は一般的なドラムセットの構成です。

ドラムセット

ベースドラム、スネアドラム、タムタム、ハイハット、シンバルで構成されています。

ベースドラム、スネアドラム、タムタム、ハイハット、シンバルで構成されるドラムキット

奏者から見たドラムセット

ドラムセットを内側から見た様子。一番手前にはドラムスローン(椅子)が配置され、これに腰掛けて演奏する。

Drum Kit - Back


ドラムセットの解説

ドラムセットの写真の1から6について説明します。

ベースドラム、スネアドラム、タムタム、ハイハット、シンバルで構成されるドラムキット

(1) バスドラム

Bass Drumと表記することから「ベースドラム」「ベードラ」「バスドラ」と呼ぶ場合もある(欧米ではむしろ「ベースドラム」と呼ぶ方が一般的)。いわゆる大太鼓。他に「キック」(Kick)と呼ぶこともある。右利きの場合、奏者の右足側の床に横倒しに設置し、ペダルを踏んで演奏する。

(2) フロアータム

床に直接置くので「フロア (floor) ・タム」と呼ばれる。右利きの場合、奏者の右側に設置するのが一般的。

(3) スネアドラム

奏者の目の前、膝ぐらいの高さに専用のスタンドで設置する。「サイドドラム」と呼ぶ場合もある。いわゆる小太鼓。スネアサイド(スネアドラムの裏面のヘッド)にスナッピー(スナッピーは日本独自の言い方で、通常はスネアと呼ぶ)と呼ばれるスチールないしブラスなどの金属製の響線が装着されている事が最大の特徴である。胴の深さは一般的に5インチ(約13センチ)前後、口径は14インチ(約36センチ)が主流であるが、胴深6インチ以上のスネアや、胴深3~4インチ程度のスネア、口径が13インチ以下のスネアなど多種多様である。薄めのスネアは「ピッコロスネア」とも呼ばれる。

(4) トムトム (タム)

ドラムセットでは「タム」と呼ぶのが一般的。バスドラムやシンバルスタンドに取り付けたホルダーまたは専用のスタンドを使い、バスドラムの上付近に設置する。複数設置する場合は、右利きの場合主に左から右へ小さい順に並べるのが一般的。ごく一般的なセットでは、写真にもある通り、通常2つ(ハイタムとロータム)を設置するが、ハイタムのみを配した、いわゆる「3点キット」と呼ばれるシンプルな構成もある。

(5) ハイハットシンバル

右利きの場合、奏者の左足側、スネアドラムの左に専用のスタンドで設置する。またワイヤーを使って奏者の右側や自由な位置に設置するリモートハットもある。また、ツー・バス演奏時に左足を使用できない状態で、クローズ音が欲しい場合や、常時ハーフ・オープンの音が欲しい場合に使用するクローズド・ハットといったものもある。左側に設置している場合、腕をクロスさせて右腕で叩く「クロスハンド奏法」が一般的だが、腕をクロスさせずに左腕で叩く「オープンハンド奏法」で叩くドラマーもいます。

(6) シンバル

設置にはスタンドを用いる。ライドシンバル(トップシンバルとも)やクラッシュシンバル(サイドシンバル)、エフェクトシンバル(チャイナ、スプラッシュ、ベル、ゴング、カップチャイム、重ねシンバル)などがあり、ライドシンバルはフロアタムの上付近に設置するのが一般的。その他のシンバルの配置は奏者の好みによる。一般的にライドシンバルはリズムをキープする目的で使われ大口径(主に20インチ~22インチ)で厚い。クラッシュシンバルは曲中でアクセントを付けるときに使用される。一般的にライドシンバルより小口径(主に16インチ~18インチ)で薄い。

ドラムスティック

ドラムは、パフォーマンスの延長として手で叩く場合もあるが、主にスティックといわれる撥(ばち)が用いられる。一般的には木材のヒッコリーで出来たものが多く、メイプルやオークで出来たものもある。少数派としてアルミ製、プラスチック製、ファイバー製のものや、内部に発光体を入れたものなども存在する。木製のスティックの先端(チップ)には、木製のものが一般的であるが、ナイロン製のものも販売されている。スティックに似たもので、ブラシや、細い棒を束ねたロッズで演奏する場合もある。

以上のように スティックには様々な種類がある ため楽曲や個人の趣向に合わせて選択される。

drum sticks

写真はナイロンチップ製のドラムスティック。